事業資金に最適の金融会社

事業資金に最適の金融会社

事業資金に最適の金融会社

大学卒業後に自分の会社を始めることになりました。そのため、初期費用がかさむことを考えて事業資金を借りることにしたのです。多くの金融会社がありましたが、その中でも自分の経営方針や将来性を尊重してくれるカードローン会社を厳選して申し込んでみました。現在の借入残高やこれまでの返済履歴などを細かく審査されましたが、問題なく借入を受けることができて本当に安心しました。

 

事業資金の使い道についても具体的に質問されましたし、相手側からも懇切丁寧な説明を受けることができて抱いていた不安も吹き飛びました。今後はスムーズに事業資金を返済していくために経営に専念していきたいと考えています。こちらの家庭の事情にも最大限配慮してもらい、とても信頼して任せることのできるビジネスパートナーだと実感してありがたいです。金利もお得で定期的な増枠審査もあるカードローン会社は、ビジネスを軌道に乗せるための大きな助けとなってくれる存在でした。これからもお互いの信頼関係を大切にして共に努力していければと望んでいます。

 

事業資金に質の高いビジネスローンサービスを選んで本当に正解だったと今では感謝しているのです。いつでも気軽に借入ができるシステムも助かっています。

いろいろ苦労した事業融資

私は個人事業主で事業融資を希望した経験がありますが、当時は創業して間もないということもあり融資を受けることができる金融機関が限られることもありとても苦労した経験があります。まずはじめに金融機関選びに時間がかかりましたが、ある個人事業主向けのパンフレットに創業初期の個人事業主に限定した借入制度がある金融機関を利用することにしました。

 

その金融機関は民間の金融機関ではなく政府系金融機関ということもあり、事業として実績がなくても事業融資が受けられると当初は甘く考えていましたが実際はそのようなことはなく、その後専門家のアドバイスや自分でいろいろ勉強した上でしっかりとした今後の事業計画書を作り再度事業融資を申し込むことにしました。そして心配の一つであった担保制度も無担保保証の制度が利用でき、民間の金融機関と比較して金利が低く返済期間が長い事もとても魅力的でした。

 

その後その金融機関から無事に融資を受けることができ、その時に感じたことが審査期間が思ったよりも短かく結果がすぐに分かったことが精神的にとても安心できました。そして事業融資を利用する際は専門家を利用したり自分でしっかりと融資の内容を理解するなど準備の大切さを知りました。

事業融資を受けるためには計画が重要

事業融資を受けるためには、まずは話を聞いてもらえなければなりません。最初に事業計画書を見せることになりますが、これがでたらめだと門前払いとなるでしょう。事業融資は多額のお金を貸すことになりますので、貸す側も慎重に判断をしてきます。また、事業で回収しなければ返済に回すことができないため、当然事業で回収できるかを判断するためにしっかりと事業計画書を見てきます。

 

私はこの作成にあたり、税理士のアドバイスを参考にしました。コンサル業務も税理士は扱っていますが、税や企業会計の分野に強いため、このアドバイスでも具体的な展望について数字で示してくれます。そのため、事業融資のための計画を立てる時に大変強みに感じました。また、どこから融資を受けるかのアドバイスもしてくれました。

 

銀行のほかにも公的融資があります。今回は普通に付き合いのある銀行を選びましたが、新規事業を立ち上げる場合などは、付き合いが銀行とはないケースもあるでしょう。そういった時に公的融資は頼りになります。そして、公的融資は銀行融資以上に厳しい審査をされる傾向にありますが、税理士等の数字に強い専門家のアドバイスを頼ることで、対策をしやすくなるため、私は相談したほうが良いと考えます。

お役立ちサイト

  • 資金調達なら

    様々な資金調達方法の解説、事業者向けカードローンの紹介や融資を受けた体験談など。

  •  

  • 事業に使うお金について相談

    中小企業や個人事業主が事業資金を融資してもらうための方法を事例をもとに紹介しています。