創業の事業融資なら制度融資の検討を

創業の事業融資なら制度融資の検討を

創業の事業融資なら制度融資の検討を

開業や新分野への進出などで事業融資を受ける場合、行政機関や自治体などが行う制度融資を利用する方法があります。

 

日本政策金融公庫は新規開業資金をはじめ女性や若者、シニア向けに特化した起業家資金、中小企業経営力強化資金など幅広い事業融資のメニューが揃っています。無担保、無保証人でも借り入れが可能なメニューもありますので、銀行や信用金庫からの借り入れが難しい創業資金の融資が受けやすいのが魅力です。融資金利も低利率の特別金利が適用されます。ただし申請時には創業計画書を提出し、審査を通らなければなりません。

 

このほか起業家向けの事業融資として、自治体が行う創業融資があります。これは自治体が金融機関に一定の資金を預託することで起業家に有利な条件での融資を可能にするもので、信用保証協会が融資を保証します。自治体は利子補給なども行いますので、利用者は低金利で融資を受けることができます。

 

創業時には事業融資が受けやすい制度融資を活用し、事業が軌道に乗れば信用金庫や銀行の借り入れに切り替えるのが一般的です。このほか商工会議所、商工会などの経済団体にも有利な融資制度がありますので、インターネットで調べたり、問い合わせてみてはいかがでしょうか。